4月15日 【後生おそるべし!】

皆さん、こんにちは、【組織活性の専門家】
“カンパニーモチベーターの田村 毅です”
セルフモチベーションアップのためのブログです(笑)

 

 

最近は時期的に、「新入社員研修」を
多く実施しております。

 

といっても、私にはクローン人間が
いませんから、研修を実施できる日数には
限りがあります。

 

まずは、毎年恒例の【公開型 新入社員研修】
“ザ・躾” 健全な仕事観醸成とビジネスマナー全般の研修は、
本年も盛況のうちに終わりました。

 

いつもながら素直で前向きな
そして、一生懸命な22歳前後の

 

みなさんが参加され、
非常に良い雰囲気で研修は終わりました。

 

 

企業様によっては、
わざわざ研修報告書やアンケートを送って
下さった会社もあり、

 

内容を拝見しますと、吸収力があり、
そして周囲へ感謝する心が
醸成できたように感じております。

 

 

今回は、ご参加者へ
特に、「たくさん質問してください」
「頭脳の消化不良を起こさずに、
遠慮なく私に対して質問してください!!」

 

質問がないという事は、完璧に理解したか、
無関心なのか、どちらかです。

 

と繰り返し申し上げましたので、
公開セミナーに関しては、
みんなの前で結構質問がありました。

 

一方、顧問先様の新入社員研修では、
同様に質問に対する動機づけを
しましたけれども、

 

遠慮しているのか、
恥ずかしいのか、あるいは忖度なのか・・・

 

休憩中に私に尋ねてくる新人さんが
今年は多かったように感じます。

 

論語の言葉で【後生畏るべし!】
という言葉がございます。

 

後生とは、自分よりもあとに生まれた人、
つまり自分よりも若い方、
ようは後輩のことです。

 

自分よりも若い人で、
人生経験があまりなくても、
一生懸命素直に勉強したならば、

 

そのような若い人たちは能力向上をして、
素晴らしい才能を発揮するんですよ。
とうい意味です。

 

無限の可能性を秘めた若者の
存在は恐ろしいものだ、ということです。

 

そのような観点で、
新入社員研修の時は、
いつもこのように申し上げてます。

 

「御社の大事な新人さまを
2日間お預かりしていますので、
しっかりとお育て致します」

 

そのように、研修中で、
お伝えしています。

 

そして、研修を運営していて、
毎年思うことがあります。

 

それは、
「あ~、やはり若いっていいな!」
「これからまだまだ伸びしろがあり、

 

可能性が沢山あって、 自分の選択肢やチャンスが
いっぱいあるんだな~」と。

そんな風に思ったり致します。

 

 

私は、自分が若い頃、
新入社員研修など受けたこともなく、

会社の経費で社員教育を
受けたこともないので、

 

このような機会を与えてくれる会社に
入社した皆さんを、今更ながら
羨ましく思うことがあります。

 

そんなことも新入社員さんに
お伝えしながら、

 

いつもいつも申し上げている
【基本重要概念と共に、ビジネスマナー全般】
インプットしていただいた2日間 でした。

 

私も原点に立ち替わり、
新鮮な気持ちになります。

 

そして、22~23歳の若い人たちを
応援したいな~、
そんな風に毎年 思います。

 

「新入社員研修は、よいですね・・・!!」

 

今ではうちの子供よりも若い人たちへ、
自分の子供に言い聞かせるように、
伝えております。

 

では今日はこの辺で !

 

 

【無料メルマガ】97%の企業が業績UPした
社員教育に役立つ情報を配信中

↓下記から登録できます↓