自己を律する

皆さん、こんにちは。

株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村でございます。

セルフモチベーションアップのためのブログです(笑)

最近、お年寄りの自動車事故や超・傲慢な若い政治家のニュースが報道時間を締めております。

このような事故・事件を観たり聴いたりいると、大変悲しくなってきます。

周囲は、いままで(そのような事態を引き起こすまで)当事者に何も言って差し上げなかったのでしょうか?

兆候など無かったのでしょうか? 「ゆでガエル症候群」ではないと思うのですが、不思議で仕方ありません。

同時に、自分自身の変化などの「気づき」は無かったのでしょうか・・・

人間は完璧ではありませんから、周囲から助言をもらい客観視をして生きることも大切と思います。

と、申しております私は、今まで大失敗やパワハラ等を受け、人生のどん底を味わったことがあります。

その後、よくよく考えてみると「兆し」も少なからずあったでしょうし、調子に乗っていたことも有ったと思います。

「全ては自分が源泉です」 その時に、周囲の人々からのアドバイスや助言・苦言などがあったら・・・と後になって思うことがあります。つまり、私も同じように「自律心」が無かった訳です。加えて、周囲からの情報も無かったに等しいです。

しかし、周囲からの助言があったにしても、その時の自分自身は、「素直に受け入れていただろうか?」と思うと、・・・分かりません。

好調の時は自分が見えないでしょうし、全方位的に「客観視」など、なかなか出来ません。信じ切ってその方向へ進んでいるわけですから。そのような歪曲した自分の考えを律することも出来ず、多くの人が、同様に間違った方向へ暴走してしまう訳です。

私は、数々の大きな失敗(詳しいことは申し上げませんが)があるから、そのような体験を通して言えるのかもしれません。しかし、そんな「どん底体験」など、誰も体験したくないでしょうし、周囲も観たくないでしょう。

故に、絶えずアンテナを張り巡らせ、自分の感性・感度を磨き、広い心・受容する器を持ち、他者の提案・苦言などなどを素直に聴き入れること、つまり「自分を律する」ことで、正しい方法へ進むのではないかと思います。

そのようなことにも「ハッと気づく」2日間の次世代リーダー向け【マネジメントエッセンススキルUPセミナー】は、 次回7/24~25日です、ご覧の皆さんも是非、ご参加ください。 

【2019年 07月 管理職マネジメント強化研修パンフレット】

管理職の必須スキル”  マネジメント全般を網羅した珍しい研修です。
体験した管理職は、気づきと再発見があり、成果を出します。

               ↓

https://www.kodama-mc.co.jp/pdf/program181201-1.pdf

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、2019年8/21日~22日の開催です。  ※現代に合わせ、バージョンUPをしております!

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方は、お試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp       研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。