「モンスター社員」タグアーカイブ

「モンスター社員」~事例パート⑤~

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

前回より、引き続き「モンスター社員」についてコメントしたいと思います。

もし、そのような社員がいたら、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの研修へご派遣下さい(笑)

 

 

「落ち込みやすい」モンスター社員はいませんか?

 

落ち込みやすいモンスター社員とは、少し注意をすると落ち込んで何も手がつかない人です。

そこまで落ち込まなくても・・・と思う場面もあり、言い方を変えると傷つきやすいようにも感じます。

 

しかし、よく観ると「必要以上に落ち込み、周囲に関わって欲しいモード」を出す人もいます。

「同情や激励」を欲しているかのようです。

 

自信がないこともあるのでしょうが、上司としてはもっと自立して欲しい訳です。

そのような場合、ステップバイステップで少しずつ自信を付けてもらうように指導しないといけません。

 

総じて未熟なモンスター社員がいると、周囲は時間を奪われますね。

自立&自律していける方法を考えないといけませんね。

 

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成30年2/20日~21日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

「モンスター社員」~事例パート④~

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

前回より、引き続き「モンスター社員」についてコメントしたいと思います。

もし、そのような社員がいたら、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの研修へご派遣下さい(笑)

 

 

実力ないのに何故か「プライドの高い」モンスター社員はいませんか?

 

モンスター社員は、プライドが高いです。

プライドとは、実績や実力があり、その背景には人並み外れた努力があったからこそ持つ自意識ではないでしょうか。(日本語では肯定的な意味での自尊心ですかね)

 

しかし、モンスター社員は、周囲から頂くコメントを「フン!」のような態度をして受け取りません。

そうなると周囲は腫れものをさわるかのごとく、「○○さんはプライドが高いからね・・・」とか「自分を持っているからね」等、意味が良く分からないような話しをしたり、あまり関わろうとしません。

 

ですから、チームワークやシナジー(相乗効果)が上がらない訳です。

そのようなモンスター社員には「気づいてもらう」必要があります。

 

とても「感じが悪い」訳です。素直さがなく、受け止める器が無い訳です。

良い点のコメントや指摘を頂いたら素直に「ありがとうございます」と笑顔でお返しすれば言い訳です。

 

プライドが高いというより、素直なところが欲しいですね・・・

皆さんの職場で、そのような社員はいませんか?

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年11/21日~22日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

「モンスター社員」~事例パート③~

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

前回より、引き続き「モンスター社員」についてコメントしたいと思います。

もし、そのような社員がいたら、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの研修へご派遣下さい(笑)

 

嫉妬心がつよく、同僚の足を引っ張るモンスター社員はいませんか?

 

モンスター社員は、嫉妬心が多いです。

嫉妬心とは、自分が相手よりおとっていると感じているから、足を引っ張るなどして引きずりおろしたい感情と思います。ですから、厄介です。

 

普通の会話の中でも、他者の話しにかぶせて自己の自慢話をする等、我を見せる部分もあります。

劣等意識からくる部分もあるのでしょうが、自分の力量の無さを省みるのではなく、他者へ意識の矛先を向けているわけです。

 

そのようなモンスター社員がいると、組織はギスギスモードです。

皆さんの職場で上記のような社員がいたら、大変ですね。 如何でしょうか。

 

自己信頼を持ち、自己を確立する為にも「自己研鑽」は必要ですね。

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年11/21日~22日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

「モンスター社員」~事例パート②~

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

前回より、引き続き「モンスター社員」についてコメントしたいと思います。

もし、そのような社員がいたら、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの研修へご派遣下さい(笑)

 

褒めてほしい心理ゲームを仕掛ける、注目と関心を浴びたいモンスター社員はいませんか?

 

モンスター社員は、様々な場面で「心理的ゲーム」を仕掛けます。

例えば、普通の日常業務なのに、自分の能力を最大限発揮したかのように振る舞い、そして周囲に褒めてもらいたいポーズを発します。他の社員からみたら「当たり前のタスク」なのに注目と関心を寄せようとします。

 

そのように、他者へ関わってもらいたいという意識が強く、極めて未熟な大人といえるでしょう。

一見、可愛げがあるようですが、「誉めて・褒めてちょうだいゲーム」をしてくると、周囲は面倒臭いのです。

 

一方、自立した大人は、与えられた状況と限られた資源で淡々と成果を作ります。

さて、皆さんの職場はどちらの社員が多いですか?

 

組織活性化の阻害要素になりかねませんので、手を打たないといけません。

それには、やはり教育です。 健全な価値観教育が重要です。

 

次回も引き続きこの話題で参りたいと思います。

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年11/21日~22日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

「モンスター社員」~事例パート①~

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

前回より、引き続き「モンスター社員」についてコメントしたいと思います。

もし、そのような社員がいたら、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの研修へご派遣下さい(笑)

 

すぐにウソをつくモンスター社員はいませんか?

 

モンスター社員は、小さなことでもウソを平気でつきます。 それは、職場で何かの問題があると、いつも自己弁護・自己回避・自己正当化・言い訳・をしているわけです。 もしかたら、自分で防衛していて自分自身が傷つかないようにしている「そのバリアをはっている事」自体に自覚が無いかもしれません。 そして、犯人探して、周囲をひっかきまわします。

 

ですから、「当事者意識の醸成」が必要です!

当事者意識とは、「自分に関する事象・出来事は全て自分が引き起こしている」という意識の事です。

すなわち、人のせいにしない・・・。自己原因説・・・。自己が主因・・・。という事ですね。

 

しかし、モンスター社員は、上手に演技をし「他人のせい、会社のせい、仕組みのせい、時代背景のせい、・・・」

まあ、言い分け製造マシーンかのごとく(苦笑)です。  このような社員は、自分の課題を見つめることが無く、絶えずエモーショナル(感情)で判断します。 従って、成長・進化・進歩が無く、職場ではお荷物です。

皆さんの職場に、このような方はいませんか?

 

組織活性化の阻害要素になりかねませんので、手を打たないといけません。

それには、やはり教育です。 健全な価値観教育が重要です。

 

次回も引き続きこの話題で参りたいと思います。

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年11/21日~22日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

身近にいませんか?

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

皆さんの周囲にモンスター社員はいませんか?

近年、「モンスター社員」という言葉を耳にすると思います。私も昨年、別なサイトで触れた事があります。 モンスター社員とは、明確な定義があるわけではないようですが、自己中心的な言動や、一般常識を逸脱した勤務態度で周囲を振り回しているサラリーパーソンの事です。

つまりは、会社に対する悪質なクレーマーに近く、会社側が対応に困り果てている従業員の事です。

 

時折、常軌を逸した言動で周囲を振り回し、上司・同僚は腫れものをさわる感じで接しています。

そのような話を聴くと、「クビにしたら・・・」と、思う方もいるかもしれませんが、現在はそのようなことは簡単にできません。しかし、モンスター社員=赤字社員でしょうし、組織の生産性は下がるでしょう。存在自体が良くないことは周知のはずです。

 

自己都合で退社して頂きたい、と会社側は策を練ることもあるのでしょうが、なかなかしぶといようです。

皆さんの会社で、上記のような社員はいませんか?

これから何回かに亘り、この話題に触れたいと思います。

 

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年9/26日~27日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。