「コミュニケーション」タグアーカイブ

「関わる、寄り添う、慮る」ことを心しておく

皆さん、こんにちは。
株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村でございます。
セルフモチベーションアップのためのブログです(笑)

 先日、学生アルバイトさんへの研修会を実施しました。
お世話になっている企業様の別事業部のご依頼でした。カスタマイズした良い内容を実施致しました。
「え! アルバイトさんへの教育?」と、思われるかもしれませんが、顧客接点担当者ですし、アルバイトさんが商品でも有ります。

そのように、企業がアルバイトさん達へ、外部講師を呼んで教育をするということはあまりないと思います。
経費もかかることですし、大学3年生までのお勤めです。つまり2年前後で入れ替わる訳ですから。

しかし、ご参加者はとても熱心でしたし、初めて聴く内容でしょう、新鮮だったように思います。
一方、普段は管理職への研修が多い私は、どれだけご理解頂いたのか、少々不安もありました。

私が独特な講師ですので、学生さん(アルバイトさん)たちはびっくりしたかもしれません。
「現代を強かに生き抜く」と繰り返しお伝えし、ご自身の長い人生を「楽しんで・力強く」生きて欲しいと思います。

そして顧客へ、「関わる、寄り添う、慮る」コミュニケーション事例を沢山申し上げました。
無関心ではなく、愛情を持って接することを強調しました。

20歳前後で、当方の「健全な価値観醸成とビジネスマインド向上セミナー」を受講できる事は、極めてラッキーと思います。ライブデザインのための気づきも有ったと思いますし、社会や人様のお役に立つ人財に成長して欲しいと切に思いました。 私も、わくわく出来たよい体験でした。

追伸:
次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成30年4/24日~25日の開催です。
お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方は、お試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp    研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

リーダーの「部下指導力」

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

部下育成・指導の場面で、悩んでいる管理職の方々は多いのではないでしょうか?

管理職の皆さまにとっては「重要業務」ですが、キチンとそのスキル自体を学んでいる方々は少ないような気がします。 相手(部下)は人ですから「正解」は無いかもしれませんが、学ぶ価値はあると思います。同時に、まずは以下の「類似概念スキル」を理解し、状況に応じて上位者が器用に関わり方を変えないといけません。

以下は、上位者として、使い分けたい事柄です。

 

部下育成においてのコミュニケーション類似概念の違い

指導や支援する人(上位者)の基本的な行動には大きな相違はありませんが、それぞれの環境の中での枠組みが違っています。

 

コーチング

コーチングとは、極端にいうと知識・経験を持たない領域でも効果的な質問などにより、相手の可能性を引き出し、成果を高めていけるコミュニケーションスキルのテクニックです。また、コーチングは、基本的にやる気のある(成果を達成したい)方へ行うと更に効果があります。

「未来+How」の質問形式で、相手(部下やクライアント)は話しをしているうちに気づきが湧き、成果へコミットします。よって、相手の本来持っているモノを「引き出す」イメージです。そして、相手は「自走」します。

 

ティーチング

ティーチングとは、知識や技能のない方へ「教え込む」という指導方法です。分かりやすい例えでは、新人さんへコーチングは機能しません。 知らないことが多すぎて、引き出せないのです。

従って、「知らないことは、お教えする」 「気づいていないことは、お伝える」という姿勢が上位者には必要です。 また、おせっかいとは違います。既にその業務が出来るのであれば「教え込む」より「引き出す」そして、場合によっては「指摘・フィードバック」をし、軌道修正をしてもらわないといけません。

 

カウンセリング

カウンセリングとは、傾聴スキルをメインにし、相手に寄り添い、相手の話したいことを共感して聞くことを言います。ただ、積極的な傾聴行動をすればよいのではなく、適切な質問も大切です。一方、課題達成や目標実現には、そもそもやる気のある「コーチング技法」が有効です。

カウセリングは、どちらかというと「過去+Wey」の質問が有効かもしれません。何故、その様な状態になったのか、その時の感情や周囲の情景を聞き出し、相手は話しをするだけでもカタルシス効果(感情の浄化作用)が起きることが多々あります。

よって、職場で「感情的な未完了感があったり、業務が停滞し悩んでいる部下」には、カウセリングの方

が効果が高いでしょう。と、言っても専門の医師ではありませんので、メンタル不調者には、行ってはい

けません。関係部門または産業医、専門医へ橋渡しをする事が肝要です。

 

以上の3つを理解する事でも、多少の関わり方が違ってくるのではないでしょうか?

弊社では、OJT部下育成の研修会を長年実施しておりますが、このことをまずは理解して頂き、尚且

つ部下の状況に応じて、リーダーシップスタイルを変えた関わり方をトレーニング致します。

 

そのような管理職の必須スキルを7/18~19日の2日間で学ぶチャンスがあります。

効率良いインプットが、良質なアウトプットを生み出します」 管理職マネジメントスキル強化セミナー

へ是非、ご参加・ご派遣下さい。

2017年7月「管理職マネジメント研修」プログラム表
http://kodama-mc.co.jp/pdf/program20170424_a.pdf

2017年7月「管理職マネジメント研修」パンフレット
http://kodama-mc.co.jp/pdf/program20170424_b.pdf

 

 

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年7/4日~5日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。