「管理職の責任」とは

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

昨日、一昨日と別な企業様の管理職の方々へ「マネジメント研修会」を実施して参りました。

皆さま、前向きに取り組んで下さり、嬉しく思います。ご縁に感謝です。

マネジメント概論やリーダーシップ概論は、多岐にわたりますが、まずは、表題の「管理職の責任」を

ご認識頂くことが大切と思います。  管理職の責任は、シンプルに、以下の3つです。

(1)【自部門の目標達成】

自部門の仕事(製品の開発、製造、販売、サービスの提供等)をよりよく成し遂げ、「業績の向上」に結びつける事

(2)【部下指導・教育】

部下の能力を高め、働きがいのある職場をつくる事

(3)【上司をマネジメントする】

直属の上司をサポートすること

  管理職は、この3つの責任があり、この3つを同時並行的に実現しなければなりません。

そして、経営目的を継続的に達成するために、組織目標を与えられた条件のもとで、人とともに効率よく遂行することです。 意外とご存知ない方が多く、当方より、良くある事例やポイントを講義しました。

 

最近は、この言葉を枕詞に添えます。

「ご存知ないことは、お教え致します」  

「気づいていないことは、伝え致します」 と・・・

 

今まで、社員研修会等を実施していない企業様は、ご存知ない事があるわけです。

教えられていない訳ですから、丁寧にお伝えしています。

 

同時に、「責任」とは何かをご理解いただきます。

責任とは、“成果を創ること” です。 会社は仕事をする場。 アウトプットを出し、周囲へ貢献する場です。

管理職の方々には、メンバーさんへ上記のようなご指導と、この原点回帰をして頂きたいと思います。

このような管理職のマネジメントスキル 等、次回にまたお伝えします。

伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成27年  1/28日~29日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。t-tamura@kodama-mc.co.jp   研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

良い企業とブラック企業の違いとは

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

企業研修会を20年間実施し4万人以上の研修を行ってきて、また、社会人を30年以上経験して思う事は、良い企業とは、「経営者が社員さんを大切に思っている企業」です。  私は、これに尽きると思います。

凄く平易な表現ですが、このことが発信源と思います。

経営陣が、社員さんを自身の子供のように思い、愛情込めて接することが一番大切と思います。


例えば、定着率の良い企業や、元気で社員さん同士が仲の良い企業、或いはメンタルヘルス休職者の少ない企業などのような良い企業(もちろん業績好調が大前提です)では、総じてこの「社員さんを大切思う事」という価値観があります。

一方、ブラック企業と言われる様な企業では、「みなし残業、固定時間(MAX)残業」が多く、労務&労働としての対価、すなわち給与が未払いの状態で、とても社員さんを大切に思っているとは言えません。
同時に、経営者がこの社員は「使えるか・使えないか」 つまり 「役に立つか・立たないか」だけで様々なことを判断しています。


経営者や経営陣の方が、自社の社員さんをどのように見ているか、自身に問いかけてみることも時には大切ではないでしょうか?

「社員は、単なる、数字を上げるコストなのか(使えるコマなのか)」
「お仕事を通じて、成長して欲しいと思っているのか」
「或いは、大切な家族と同等な、かけがえのない人なのか」

この答えによって、「社員を大切に思う」という価値観があるのか、ないのかが見えてくるはずです。また同時に、社員の人たちも自分達が経営陣からそういう風に見られているという事を感じているでしょう。

この「社員さんを大切思う事」を踏まえた上で、社員さんのやる気を高めるには、以下の3点がポイントになります。

1.経営陣からの頻繁な声掛け、そして年間3回以上の上司による面談を実践する。
2.適材適所の配置。保有能力と本人の目指す方向を認識し、本人に合った業務を担当する。
3.適正な評価と、それを人事制度全般へリンクさせる。

以上を励行し、社員さんの物心両面を満足する仕組みを創ることで、社員さんのモチベーションを高めることができると思います。

 

また、短期的なモチベーションアップを目指し、組織活性化に加速を掛けるには、弊社の公開セミナー「セルフモチベーションアップセミナー」が、何といっても『一番効率&効果が良いでしょう』 (笑) 

たった21時間で、受講者さまは激変します。 何故、多くの企業経営陣や人事部門責任者が受講しないのかが、いまだに不思議でなりません。 (苦笑)   しかし、弊社の顧問先さま経営陣は「同業には紹介したくない」と、おっしゃいます。 詳細は、HPまたは以下をご参照ください。

伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、11/17日~18日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。t-tamura@kodama-mc.co.jp   研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。