“諦めない心を養う”「背番号10番と松葉杖」

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルテングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

先回の同窓会の若干の続きです・・・

 

暑い日が続きますが、「夏」ですから、当然です! と、思っております(笑)

8月の今頃より、夏の甲子園大会がスタートします。(今年は台風で、本日より開催ですかね。3917校の頂点を目指した戦いスタートです)

 

私は、野球をやるためにこの高校を選びました。当時は、新潟県で甲子園出場回数が一番多い学校でしたし、名門&伝統がある高校でした。女子生徒の方が沢山いましたが、非常にスポーツが盛んな高校です。私たちは、甲子園出場を夢見て、日々苦しい(異常に激しい・・・)練習をしていました。

 

私は、2年生になったばかりのころ、学校の帰り路、車にひかれました。

全治半年、重症です。2ヶ月間休学し、学校の脇にあった下宿屋さんで何とか留年せず高校へ通いました。

 

両松葉杖ですから、非常に不便でした。見知らぬ人から傘をさしてもらったり、荷物を持ってもらったり・・・、沢山支援をして頂きました。そして、車いす&松葉杖の生活が約12ヵ月間になり、野球の将来性を断念せざるをえませんでした。

 

普通なら、クラブ活動は辞めるのでしょうが、松葉杖をつきながらユニフォームに着替え、ベンチでスコアラーみたいなこともやりながら、在籍はしておりました。

 

そんな中、松葉杖をついてでも辞めないでいる高校球児がいると、新潟日報社が取材にきたことも有りました。沢山の方々に支えられ約一年間松葉杖の生活が終わり、歩行訓練をし、3年生になってやっとグラウンドに出れました。一年生までは、俊足でしたが、それもなくなり、上半身の力で球を投げる控えの投手を目指しました。

 

最後の夏の甲子園予選大会では、10番の背番号をもらい、ベンチに入ることになりました。

私たちは、残念ながら3回戦で敗戦致しました。当時、地方の予選大会は、テレビ放送が無かったため、ビデオ録画もありません。(現代地方もあります)

 

しかし、この3年間の諦めない心が、私は良かったのではないかと思っております。

自分の事ですから、客観的に分析は出来ませんが、現在の様々な礎を築いたような気がします。

 

現代は、「粘り強く一つのことをやり通す」「成果が出るまで諦めない」「成功の要諦は成功するまでやり続ける」等々、古臭い・・・と思ったりする人もいるようです。しかし、私は「判断基準のバランス」が大切と思います。

 

私も、講義では、「現代は、スピード重視&変化に即座に対応しなければいけません。一旦決めたことでも、環境・状況変われば、路線を変えるというトライ&エラーで実践しましょう」と申し上げます。

 

上記を、臨機応変に状況対応出来るようにしたいモノです。

 

いまから、30年以上前、私は何を思って、高校球児を続けたのでしょう。

ただ単に、ここまでやって辞めるのはもったいない。何のためにこの学校選んだのか、等々、子供ながらに考えたのでしょうか。

 

恐らくそうだとは思うのですが、30年振りに会う同窓生から、当時のことを聴きて、今更ながら、我の原点のような事を気づきました。

 

「背番号10番と松葉杖」 の記事を探すのが、どこかにあるのですが、大変です(泣)

では、また。

 

伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、8/26日~27日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方は、お試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。t-tamura@kodama-mc.co.jp       研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

30年振りの再会に・・・

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

719日、我が母校(高校)の同窓会に出席する為、新潟へ帰郷しました。

私の学年が幹事年代と言う事で、硬式野球部の友人たちが連絡を取り合い、努力して人数を集めた会でした。

参加人数は、私の年代で140名前後(卒業生の1/3くらい)、全体で450くらいの方々が集まったようです。

我が母校は、現在でも1学年10クラス、410名前後。3学年総勢1100名以上の生徒さん達がいて、インターハイ9つ、優勝旗やトロフィーが沢山あると、校長先生がおっしゃっていました。

現在でも1100名前後の生徒さんの8割以上が何かしらのクラブ活動に所属しているらしいです。

昨年で創立130年を迎え、来年度に全面改装をするとのこと。県立高校では最後の全面改装(県の予算で)だそうです。改めて、凄い高校だと思いました。

私は、新潟を離れ24年前後になります。当時勤めていた百貨店時代に日本橋の本店へ転勤になってからの事です。 社会人になって、百貨店と研修会社に勤務していた私は、同級会等、皆が集まる休日は仕事をしているため、なかなか参加できませんでした。

特に高校生時代の同級生とは野球部の諸君と会う以外は皆無です。

従って、約30年振りに皆さんに会いました。

変わっている人も多く、数名「あなたは誰?」と、言う人がいました。

私はというと、会った時に、「え~と・・・、アンタ、田村君?」と、言われ、一瞬「間」がある人が多かったです。

私自身の心の中では、「なんだよ、その間?  俺が変わっていないんだ!」と、心のつぶやきをしていました(笑)

しかし、懐かしさと同時に、当時の話しで盛り上がりました。いっぺんにラポール形成(人間関係における相互理解と信頼に満ちた関係性)が出来た感じでした。

当時の自分の事はすっかり忘れていましたが、他人の事は良く覚えています。

あの時、こんなことがあった、あんなことがあった。お前は当時はこうだったと、爆笑事件も聞かされ、思いだしたことも多々ありました。 (時折、自分の歴史を振り返ることも良いですね)

そんないい時間を過ごすことが出来ました。

「もう、ここまで沢山の同級生が集まることが無いかもしれないね~」と友人がいいました。

「まあ、そうだが、元気なうちに集まれる人たちだけでも、また会おう。その時は新潟に来るよ」と私は言いました。

元気なうちに・・・、まだまだシニアではありませんが、日々「時間は命」と講義していると、ポロっと、そのような言葉が出ます(笑) とても、素敵な同窓会でした。この話しの続きは、また致します。

 

伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、8/26日~27日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。t-tamura@kodama-mc.co.jp   研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。