tamura のすべての投稿

「モンスター社員」~事例パート⑤~

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

前回より、引き続き「モンスター社員」についてコメントしたいと思います。

もし、そのような社員がいたら、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの研修へご派遣下さい(笑)

 

 

「落ち込みやすい」モンスター社員はいませんか?

 

落ち込みやすいモンスター社員とは、少し注意をすると落ち込んで何も手がつかない人です。

そこまで落ち込まなくても・・・と思う場面もあり、言い方を変えると傷つきやすいようにも感じます。

 

しかし、よく観ると「必要以上に落ち込み、周囲に関わって欲しいモード」を出す人もいます。

「同情や激励」を欲しているかのようです。

 

自信がないこともあるのでしょうが、上司としてはもっと自立して欲しい訳です。

そのような場合、ステップバイステップで少しずつ自信を付けてもらうように指導しないといけません。

 

総じて未熟なモンスター社員がいると、周囲は時間を奪われますね。

自立&自律していける方法を考えないといけませんね。

 

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成30年2/20日~21日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

「モンスター社員」~事例パート④~

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

前回より、引き続き「モンスター社員」についてコメントしたいと思います。

もし、そのような社員がいたら、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの研修へご派遣下さい(笑)

 

 

実力ないのに何故か「プライドの高い」モンスター社員はいませんか?

 

モンスター社員は、プライドが高いです。

プライドとは、実績や実力があり、その背景には人並み外れた努力があったからこそ持つ自意識ではないでしょうか。(日本語では肯定的な意味での自尊心ですかね)

 

しかし、モンスター社員は、周囲から頂くコメントを「フン!」のような態度をして受け取りません。

そうなると周囲は腫れものをさわるかのごとく、「○○さんはプライドが高いからね・・・」とか「自分を持っているからね」等、意味が良く分からないような話しをしたり、あまり関わろうとしません。

 

ですから、チームワークやシナジー(相乗効果)が上がらない訳です。

そのようなモンスター社員には「気づいてもらう」必要があります。

 

とても「感じが悪い」訳です。素直さがなく、受け止める器が無い訳です。

良い点のコメントや指摘を頂いたら素直に「ありがとうございます」と笑顔でお返しすれば言い訳です。

 

プライドが高いというより、素直なところが欲しいですね・・・

皆さんの職場で、そのような社員はいませんか?

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年11/21日~22日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

「モンスター社員」~事例パート③~

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

前回より、引き続き「モンスター社員」についてコメントしたいと思います。

もし、そのような社員がいたら、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの研修へご派遣下さい(笑)

 

嫉妬心がつよく、同僚の足を引っ張るモンスター社員はいませんか?

 

モンスター社員は、嫉妬心が多いです。

嫉妬心とは、自分が相手よりおとっていると感じているから、足を引っ張るなどして引きずりおろしたい感情と思います。ですから、厄介です。

 

普通の会話の中でも、他者の話しにかぶせて自己の自慢話をする等、我を見せる部分もあります。

劣等意識からくる部分もあるのでしょうが、自分の力量の無さを省みるのではなく、他者へ意識の矛先を向けているわけです。

 

そのようなモンスター社員がいると、組織はギスギスモードです。

皆さんの職場で上記のような社員がいたら、大変ですね。 如何でしょうか。

 

自己信頼を持ち、自己を確立する為にも「自己研鑽」は必要ですね。

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年11/21日~22日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

「モンスター社員」~事例パート②~

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

前回より、引き続き「モンスター社員」についてコメントしたいと思います。

もし、そのような社員がいたら、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの研修へご派遣下さい(笑)

 

褒めてほしい心理ゲームを仕掛ける、注目と関心を浴びたいモンスター社員はいませんか?

 

モンスター社員は、様々な場面で「心理的ゲーム」を仕掛けます。

例えば、普通の日常業務なのに、自分の能力を最大限発揮したかのように振る舞い、そして周囲に褒めてもらいたいポーズを発します。他の社員からみたら「当たり前のタスク」なのに注目と関心を寄せようとします。

 

そのように、他者へ関わってもらいたいという意識が強く、極めて未熟な大人といえるでしょう。

一見、可愛げがあるようですが、「誉めて・褒めてちょうだいゲーム」をしてくると、周囲は面倒臭いのです。

 

一方、自立した大人は、与えられた状況と限られた資源で淡々と成果を作ります。

さて、皆さんの職場はどちらの社員が多いですか?

 

組織活性化の阻害要素になりかねませんので、手を打たないといけません。

それには、やはり教育です。 健全な価値観教育が重要です。

 

次回も引き続きこの話題で参りたいと思います。

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年11/21日~22日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

「モンスター社員」~事例パート①~

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

前回より、引き続き「モンスター社員」についてコメントしたいと思います。

もし、そのような社員がいたら、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの研修へご派遣下さい(笑)

 

すぐにウソをつくモンスター社員はいませんか?

 

モンスター社員は、小さなことでもウソを平気でつきます。 それは、職場で何かの問題があると、いつも自己弁護・自己回避・自己正当化・言い訳・をしているわけです。 もしかたら、自分で防衛していて自分自身が傷つかないようにしている「そのバリアをはっている事」自体に自覚が無いかもしれません。 そして、犯人探して、周囲をひっかきまわします。

 

ですから、「当事者意識の醸成」が必要です!

当事者意識とは、「自分に関する事象・出来事は全て自分が引き起こしている」という意識の事です。

すなわち、人のせいにしない・・・。自己原因説・・・。自己が主因・・・。という事ですね。

 

しかし、モンスター社員は、上手に演技をし「他人のせい、会社のせい、仕組みのせい、時代背景のせい、・・・」

まあ、言い分け製造マシーンかのごとく(苦笑)です。  このような社員は、自分の課題を見つめることが無く、絶えずエモーショナル(感情)で判断します。 従って、成長・進化・進歩が無く、職場ではお荷物です。

皆さんの職場に、このような方はいませんか?

 

組織活性化の阻害要素になりかねませんので、手を打たないといけません。

それには、やはり教育です。 健全な価値観教育が重要です。

 

次回も引き続きこの話題で参りたいと思います。

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年11/21日~22日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

身近にいませんか?

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

皆さんの周囲にモンスター社員はいませんか?

近年、「モンスター社員」という言葉を耳にすると思います。私も昨年、別なサイトで触れた事があります。 モンスター社員とは、明確な定義があるわけではないようですが、自己中心的な言動や、一般常識を逸脱した勤務態度で周囲を振り回しているサラリーパーソンの事です。

つまりは、会社に対する悪質なクレーマーに近く、会社側が対応に困り果てている従業員の事です。

 

時折、常軌を逸した言動で周囲を振り回し、上司・同僚は腫れものをさわる感じで接しています。

そのような話を聴くと、「クビにしたら・・・」と、思う方もいるかもしれませんが、現在はそのようなことは簡単にできません。しかし、モンスター社員=赤字社員でしょうし、組織の生産性は下がるでしょう。存在自体が良くないことは周知のはずです。

 

自己都合で退社して頂きたい、と会社側は策を練ることもあるのでしょうが、なかなかしぶといようです。

皆さんの会社で、上記のような社員はいませんか?

これから何回かに亘り、この話題に触れたいと思います。

 

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年9/26日~27日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

新入社員のフォローアップ

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

あっという間に8月ですが、皆さまは如何お過ごしでしょうか?

ついこの間、「新人研修会」を担当したかと思うと、今度は10月開催の新人フォローアップ研修の準備をしております。月日が経つのは早く感じますね。それは、充実しているからなのでしょうか。

 

10月23日開催の「新入社員・若手社員のフォローアップ研修会」は、とても重要な内容のみ、1日でコンパクトにまとめてみました。(相変わらず、ボリュームがありますが)

 

1、研修概要は以下です

① 自主性・自発性を持つ(行動変革をし、成果を創る)

※自己を分析するアクティブマインドチェックリスト

 

② 当事者意識と健全な価値観醸成(重要概念の再認識)

※健全な仕事観への変革と、自己の与えている「周囲への影響」に気づく

 

③ 半年間のビジネス経験の振り返り

※他者よりアドバイスをもらい、気づきを深める

解決策の打ち手を決める   また、新入社員へ会社や上司は何を期待しているのか

自社の存在価値(意義)または独自性を認識する

 

④ ビジネスコミュニケーションスキル(人間関係構築能力)

 

⑤ ロジカルライティングスキル(分かり易い文章表現方法)

 

⑥ チャレンジ目標の発表               以上

※周囲からの期待を受け、なりたい自己像をインプットする

 

 

2、日時:時間帯

  2017年10月23日  10:00~18:00

 

3、会場 

  タワーホール船堀  4階 研修室

都営新宿線 船堀駅前

http://www.towerhall.jp/4access/access.html

 

4、参加費用

  お1人様 25,000円(税込み) ※4月の弊社主催新入社員研修へのご派遣企業さまは24,000円(税込)となります。

 

以上です。

 

 

また、「事前課題」を作成しただけでも気づきや学びはあると思います。

 

4/4~5日の弊社「ザ・躾 新人&若手、健全な価値観醸成とビジネスマナー全般の研修会」を、

ご受講頂いていない方々でも、ご参加は可能です。 ( お1人様も可能です)

 

4月の新人研修会は、会社内(自社の内製化)で実施さなった企業様も、

他社企業の新人さんと「一緒に研鑽する事」が、この時期にとても刺激があると思います。

 

お気軽に、お問い合わせください。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年9/26日~27日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

研修の効果「徹底力と継続力」の向上

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

長い間、企業研修で申し上げている事ですが、研修で学んだことを如何にご自身の業務に落とし込ん

で成果を出すかがポイントです。(至極当然ですが) 人は、成果(変化、進化、進歩)を感じない所に

「継続」は無いからです。従って、自分の成長感を実感するプログラムが重要です。

 

やはり、本物は続きますし、続けるから「本物」になるのです。

研修では、職場で何をするのか等の具体的な実践行動をきめ、それをすることで、自分自身や周囲が

どのように変化するのかをイメージし、継続することの「価値」を観ていただきます。

 

しかし、人間は弱いものです。独りで実践するよりも誰かのサポート等があると支えになります。そこで

パートナー制を作ったりしながら情報をやり取りし、お互いに関わります。ようは、ほったらかし、放任、

無関心では「自然消滅」になりかねないからです。加えて大事なことが「関わり方」です。

 

お互いが決めた実践目標を、徹底して実践することに関わります。成果や変化が出るかは、また別な

問題で、まずは徹底する事です。何ごとも「中途半端」だと変化を実感しないのです。

 

そして、継続する力も大切です。弊社の研修では、よく「劇薬セミナー」と称され、ビフォー&アフターが

はっきりしているので、「投資効果がある」といわれます。

それは、変化が長く続き、その後それが当たり前になり普通になった事を意味します。

 

研修も一過性、一時的な変化ではなく、やはり「変化が持続する教育」を徹底して実践し、それをフォロ

ーアップしながら、関わる事です。すると、組織活性化へ加速がかかります。

そのような管理職の必須スキルを7/18~19日の2日間で学ぶチャンスがあります。

 

効率良いインプットが、良質なアウトプットを生み出します」 管理職マネジメントスキル強化セミナー

へ是非、ご参加・ご派遣下さい。

2017年7月「管理職マネジメント研修」プログラム表
http://kodama-mc.co.jp/pdf/program20170424_a.pdf

2017年7月「管理職マネジメント研修」パンフレット
http://kodama-mc.co.jp/pdf/program20170424_b.pdf

 

 

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年7/4日~5日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

リーダーの「部下指導力」

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

 

部下育成・指導の場面で、悩んでいる管理職の方々は多いのではないでしょうか?

管理職の皆さまにとっては「重要業務」ですが、キチンとそのスキル自体を学んでいる方々は少ないような気がします。 相手(部下)は人ですから「正解」は無いかもしれませんが、学ぶ価値はあると思います。同時に、まずは以下の「類似概念スキル」を理解し、状況に応じて上位者が器用に関わり方を変えないといけません。

以下は、上位者として、使い分けたい事柄です。

 

部下育成においてのコミュニケーション類似概念の違い

指導や支援する人(上位者)の基本的な行動には大きな相違はありませんが、それぞれの環境の中での枠組みが違っています。

 

コーチング

コーチングとは、極端にいうと知識・経験を持たない領域でも効果的な質問などにより、相手の可能性を引き出し、成果を高めていけるコミュニケーションスキルのテクニックです。また、コーチングは、基本的にやる気のある(成果を達成したい)方へ行うと更に効果があります。

「未来+How」の質問形式で、相手(部下やクライアント)は話しをしているうちに気づきが湧き、成果へコミットします。よって、相手の本来持っているモノを「引き出す」イメージです。そして、相手は「自走」します。

 

ティーチング

ティーチングとは、知識や技能のない方へ「教え込む」という指導方法です。分かりやすい例えでは、新人さんへコーチングは機能しません。 知らないことが多すぎて、引き出せないのです。

従って、「知らないことは、お教えする」 「気づいていないことは、お伝える」という姿勢が上位者には必要です。 また、おせっかいとは違います。既にその業務が出来るのであれば「教え込む」より「引き出す」そして、場合によっては「指摘・フィードバック」をし、軌道修正をしてもらわないといけません。

 

カウンセリング

カウンセリングとは、傾聴スキルをメインにし、相手に寄り添い、相手の話したいことを共感して聞くことを言います。ただ、積極的な傾聴行動をすればよいのではなく、適切な質問も大切です。一方、課題達成や目標実現には、そもそもやる気のある「コーチング技法」が有効です。

カウセリングは、どちらかというと「過去+Wey」の質問が有効かもしれません。何故、その様な状態になったのか、その時の感情や周囲の情景を聞き出し、相手は話しをするだけでもカタルシス効果(感情の浄化作用)が起きることが多々あります。

よって、職場で「感情的な未完了感があったり、業務が停滞し悩んでいる部下」には、カウセリングの方

が効果が高いでしょう。と、言っても専門の医師ではありませんので、メンタル不調者には、行ってはい

けません。関係部門または産業医、専門医へ橋渡しをする事が肝要です。

 

以上の3つを理解する事でも、多少の関わり方が違ってくるのではないでしょうか?

弊社では、OJT部下育成の研修会を長年実施しておりますが、このことをまずは理解して頂き、尚且

つ部下の状況に応じて、リーダーシップスタイルを変えた関わり方をトレーニング致します。

 

そのような管理職の必須スキルを7/18~19日の2日間で学ぶチャンスがあります。

効率良いインプットが、良質なアウトプットを生み出します」 管理職マネジメントスキル強化セミナー

へ是非、ご参加・ご派遣下さい。

2017年7月「管理職マネジメント研修」プログラム表
http://kodama-mc.co.jp/pdf/program20170424_a.pdf

2017年7月「管理職マネジメント研修」パンフレット
http://kodama-mc.co.jp/pdf/program20170424_b.pdf

 

 

 

追伸:

次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年7/4日~5日の開催です。

お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。

 

初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方はお試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp      研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。

組織活性化は「管理職の力量」で違います

皆さん、こんにちは。「時間は命・講師」こと、株式会社コダマ・モチベーション・コンサルティングの田村 毅と申します。 セルフ・モチベーションアップの為のブログです。

新人さんも、先月末で配属が決まり、現在OJTの真っ最中と思います。そこで、大切なのはやはり管理職(上位者)のスキルです。人の上に立つものとして「自己研鑽」は、何歳になっても大切と思うのです。そして、7月に再度、管理職のためのマネジメントスキル強化セミナーを開催致します。

20年前より私は、“効率良いインプットが、良質なアウトプットを生み出す”と申し上げております。

現代は、「働き方改革」を国は押し進め、企業は様々な仕組みを「改善」する努力をしています。
そのような中、少数精鋭の組織を作る事が管理職には求められ、時間あたりの生産性を追求する時代になりました。同時に、イクメン&カイメン(介護をする男性)とダブルで時間を費やし、ワークライフバランスを真剣に考える時代です。

そのような時代背景を受け、益々「リーダーのマネジメントスキル、部門を経営スキル」の向上が必須になっています。つまり、「短時間でアウトプットを出し、チームを束ね、部門やメンバーへプラスの影響を与えることが出来るリーダーシップ」が求められるのです。
それらを学ぶ「マネジメントエッセンス」の2日間研修会を、公開型で開催致します。
管理職・リーダーのために「マネジメントスキル全般を網羅した、珍しいセミナー」です。

初級管理職~上級管理職の方々が、各企業よりお越しになります。
長年、弊社の階層別研修会で実施しております「管理職向けのコア・スキル」を集約した“効率良い実践型の公開セミナー” です。(お一人様よりのご参加も可能です)

様々な企業の管理職の方々と一緒に学んで頂きますので、時に同じ悩みを共感できる仲間として、時に他流試合を行うライバルとして、普段にない刺激があります。 管理職としての「心構え・使命、管理の概念、当事者意識、健全な仕事観、PDCAマネジメントサイクル、タイムマネジメント、リーダーシップ概論、戦略思考、自社分析等々」リーダーに必須の要素を効果的に学ぶ研修会です。

<管理職マネジメントセミナーで、具体的に学べる事>
・時代背景と肯定的危機意識の醸成
・管理職の仕事とは何か、管理の概念
・管理職の存在価値と使命、「当事者意識」の向上
・管理職としての自己のコンピテンシ―モデル分析
・優れたリーダーの資質
・自社の強み分析(顧客が何を求めているのか)
・戦略&戦術とは
・目標の定義と目標設定の重要性
・問題解決技法
・戦略的タイムマネジメントスキル
・ソーシャルメディア時代におけるリスクマネジメント
・チームワーク&組織力を上げるポイント    
・自己の目指す管理職像

<受講対象者>
新任・管理職、管理職・マネジャー、次世代リーダー、所長&支店長、取締役  等

このブログをご覧になった方は、お1人様でもお越しください(笑)

追伸:
次回の、弊社公開セミナー「組織活性化プログラム初級公開セミナー」(セルフモチベーションアップセミナー)は、平成29年7/4日~5日の開催です。
お読み頂いている皆様で、自己実現の為のモチベーションアップ、目標達成の為のやる気向上研修会に、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。業績好調の弊社顧問先様の社員様とご一緒に研修を体験するのも、自己成長の良いきっかけになる事と思います。
 
初めてご参加する企業様の経営者及び人事・教育責任者の方は、お試し価格にてのご招待特典がございます。(68%引きにしております) ご興味のある方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。info@kodama-mc.co.jp    研修会の詳細はHPをご覧下さい。では、また。